?


私のプロフィール


1955年12月23日生だが、当日祝賀に訪れる訪問客は毎年ゼロ

職業 この年になっても、電子回路設計 ソフト開発(C++/VB/PHP/Javascript/SQL)
    何でもこなす電子バカ
山歴 中学1年生の時には、奥武蔵を歩いていた
    スキーはブーツが昨年連れ合いのと同時に壊れたので、現在は引退したつもり
鳥歴 1983年4月 日本野鳥の会入会だからそれ以前
家族 連合 子:女1男2(3人共学生) 十数年物クサガメ1
    扶養家族が多いので少ない小づかいを工夫して、心はリッチに遊んでいます

ご連絡は、

【私の愛車】

 自宅から半径10Km以内の出撃は、20数年前に購入したブリジストンモナーク、三脚を写真のように固定して、撮影機材はザックに入れて総重量20Kgはこたえる。
 それより遠方の場合は、このチャリ27インチでも折りたたみ式なので、NOA 4WDに乗せて行きます。
 川旅でも、三脚は装着しないが基本的に同じスタイル NOAに低反発マットレスを引いて車中泊中心(こうしないと朝晩勝負の動物写真は撮れないのです。夜中に職務質問を3度程 判ってくださいお巡りさん)
 GPSログは、garmin navi250 ¥18,900にエネループUSB電源 ¥3,600を組み合わせています。<<これでバッテリー動作時間の制限は無くなった。
 navi250は公式にはログ機能はありませんが、garminホルダーのGPXホルダーにCurrentを作りその中にCurrent.gpxログファイルをコピーすると、garmin USB対応のGPSと同じ動作をする事を見つけた。(いろいろなところで裏技紹介しまくったら、最近の機種は正式対応するようになったゴメンナサイgarmin様)
 ログポイントが9999件(約1日半)しか残らないので、それ以上のデータを残すためにハードオフでmebiuse PC-MT1-H1 ¥3,000をGETし、液晶パネルコネクターの接触不良部を分解修理した。
 川旅用にログポイントを整理するツールはVB6で自作。<<これでログ記録容量の制約も無くなり10万円する地図表示機能付きハンディーGPSと同等の機能を実現した。



【観察&撮影機材】

 30年前に購入したNikon 600mmF4とD200がメイン。
 三脚は、ハードオフで¥12,000でGETしたsachtler Video14Ⅱ(当時の価格55万?)にGITZO 3531LSV
 サブに 400mmF5.6 1000mmF11 を使用
 何れもMF 老眼が加速してきたのでつらい
 双眼鏡も同時期に購入したLeitz 8*40
 デジスコ用にNikon 82mm×24EDフィールドスコープ&P5100
 その他、Nikon 18~200mmVRズーム 旧MFレンズ達多数
<<こうして総括すると、俺はTOYOTAとNikonの為に働いているのか。。。

【星見スタイル】

 仕事でデジイチ(D200)で露出時間とノイズリダクション画像処理を工夫すれば、微弱発光でも撮影できる事が判り、兄から貰ったおもちゃの赤道儀に、シナノケンシの通信販売で購入したステッピングモータ2個で¥6,800
 台はホームセンターで購入した建築現場用足場部品¥3,800
 赤道儀コントローラは上記GPSログ取り用ノートに完全自作ステッピングモータドライバ&コントローラの調整中
 電源やその他のパーツは所有中古パーツを流用しているので、その他ボルトナット類約¥1,000位
 小づかい銭天体撮影が出来ないか奮闘中
<<星見人は、夜寝られないので趣味としては難しいなと考えていたが、観察に適した気象条件は希にしかなく、結構寝られることが分かった。